メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽

グラミー受賞ドラコ・ロサさん がん乗り越え新作

渋谷のレコードバーで取材に応じたドラコ・ロサさん。「レコードを聴ける場所が世界中にあるのがうれしい」=東京都渋谷区のBLOODY ANGLEで、中嶋真希撮影

 日本では、「ア、チ、チ、アチ」の原曲を書いた人といえば、知らない人はいないだろう。郷ひろみさんの「Goldfinger’99」の原曲となるリッキー・マーティンの「Livin’ la Vida Loca」の作詞・作曲、プロデュースを手がけたことで知られるドラコ・ロサさんは、2013年のアルバム「Vida」でグラミー賞とラテン・グラミー賞を受賞。ラテン音楽界で今も根強く支持されている。前作は、悪性リンパ腫で闘病しながら制作した力作。その後、がんの再発を乗り越え、10月には新たなアルバム「Monte Sagrado」を発売する。「最後のアルバムになるかもしれない」という覚悟で作った前作から5年。「世界が2度目のチャンスをくれた」と話すドラコさんの思いは。【中嶋真希】

 「お待たせ」。ドラコさんは、日本の古着店で買った火消しのはんてんをジャケット代わりに着て待ち合わせ…

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです