メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

自己免疫性膵炎の原因発見 診断の指標に

 国指定の難病「自己免疫性膵炎(すいえん)」について、患者自身の免疫システムが、膵臓細胞の周囲の組織にあるたんぱく質を攻撃することで引き起こされていることを、京都大の研究チームが突き止めた。患者の血中でこのたんぱく質に対する抗体が増えており、診断の指標に使えるという。9日に米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン」電子版に掲載される。

 同疾患は指定難病「IgG4関連疾患」の一つで国内に5000~1万人の患者がいるとされる。膵臓の炎症…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  5. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです