日大チアパワハラ

女子部員がまとめた被害の経過と思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

■監督からパワハラを受けた女子部員が6月にまとめた文書の文面

<この文書は今年6月に娘が作成していたものです。当時も大学と交渉を続けていましたが、問題が解決せず事案を公表せざるを得なくなる場合に備えて気持ちをまとめたものです。>

 私は、日本大学の学生であり、保健体育審議会の応援リーダー部に所属しています。

本年2月1日から2月6日にかけて、部の監督、同期、先輩からの発言や行動によって私は自殺を考えるほどに精神的に追い詰められました。

この記事は有料記事です。

残り6663文字(全文6879文字)

あわせて読みたい

注目の特集