夏の高校野球

投打かみ合い横浜、愛産大三河降す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【横浜-愛産大三河】三回表横浜無死一塁、斉藤が2点本塁打を放ち、ほえる=阪神甲子園球場で2018年8月9日、猪飼健史撮影
【横浜-愛産大三河】三回表横浜無死一塁、斉藤が2点本塁打を放ち、ほえる=阪神甲子園球場で2018年8月9日、猪飼健史撮影

 第100回全国高校野球選手権記念大会は第5日の9日、阪神甲子園球場で1回戦4試合。第1試合は横浜(南神奈川)が長打攻勢で着実に加点、エース板川も快投を見せ愛産大三河(東愛知)を降し2回戦に進んだ。

 横浜は二回、連打と犠打で1死二、三塁とすると8番・板川の右中間への2点適時三塁打と9番・遠藤の右犠飛で3得点。三回に3番・斉藤の左越え2ラン、五回には5番・内海が右翼へランニング本塁打を放つなど計3本塁打でリードを広げた。先発の左腕・板川は直球、変化球ともに切れが良く8回を4安打…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

あわせて読みたい