メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

最高益1兆円 4~6月期、大半「メモリ」売却益

 東芝が8日発表した2018年4~6月期連結決算は、半導体子会社の売却益などで、最終(当期)利益が1兆167億円となり、四半期として過去最高を更新した。一方、本業のもうけを示す営業利益は7億円と前年から約9割減で、新たな成長の柱を見いだせない状況が続いている。【柳沢亮】

営業益は9割減

 最終利益は、6月1日に売却を完了した半導体子会社「東芝メモリ」の売却益、9655億円を計上したことなどで大幅に改善。前年同期の503億円の20倍を上回った。株主資本比率も、3月末の17.6%から37.9%に改善した。

 だが営業利益は前年同期比94.5%の大幅減となった。温室効果ガス削減の世界的な潮流で火力発電タービ…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1241文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです