メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津川雅彦さん

演技に奥行き 色気と稚気を併せ持つ存在

 4日に78歳で死去した俳優の津川雅彦さんは、色気と稚気を併せ持ち、奥行きのある演技で、映画・テレビではかけがえのない存在だった。

 石原裕次郎の弟を演じた「狂った果実」で若き二枚目スターとなり、30代ではドラマ「必殺」シリーズで悪役を演じ、幅を広げた。「マルサの女」「あげまん」など伊丹十三監督作品では、細かな注文に応え鍛えられた。

 NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」の家康を重厚に演じたかと思えば、子ども向け特撮ものにも顔を出す。ふてぶてしい憎まれ役も好色男も、逆風に立ち向かう硬骨漢も、時に重厚に、時に軽薄に、巧みに演じてみせた。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 「花梨と一緒にいるよう」災害関連死の娘思い 病院敷地にフランスギク 熊本

  4. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  5. 東京駅近くに閉店キャバクラのゴミを不法投棄容疑 元経営者らを書類送検 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです