津川雅彦さん

演技に奥行き 色気と稚気を併せ持つ存在

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4日に78歳で死去した俳優の津川雅彦さんは、色気と稚気を併せ持ち、奥行きのある演技で、映画・テレビではかけがえのない存在だった。

 石原裕次郎の弟を演じた「狂った果実」で若き二枚目スターとなり、30代ではドラマ「必殺」シリーズで悪役を演じ、幅を広げた。「マルサの女」「あげまん」など伊丹十三監督作品では、細かな注文に応え鍛えられた。

 NHK大河ドラマ「葵 徳川三代」の家康を重厚に演じたかと思えば、子ども向け特撮ものにも顔を出す。ふてぶてしい憎まれ役も好色男も、逆風に立ち向かう硬骨漢も、時に重厚に、時に軽薄に、巧みに演じてみせた。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集