メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スクールロイヤー

広まる いじめ、体罰などに早期に対応

 学校で起きる問題について法的に助言する「スクールロイヤー」と呼ばれる弁護士と連携する自治体が増えている。大阪府や兵庫県明石市は既に制度を導入し、文部科学省も昨年度に試行事業を開始。いじめや体罰、保護者対応など、教育現場でも訴訟に発展しかねないトラブルが多様化し、早期に問題を解決して教員の負担を軽減する狙いがある。

 「いじめ問題で保護者とトラブルになっている」。明石市教育委員会の法務担当課長で弁護士の土井健太郎さ…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1038文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. 婚活サイトで知り合った20代女性に準強制性交等容疑 新潟税務署員を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです