メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(6)映画史家 四方田犬彦さんインタビュー

「諸外国で若松作品を解説してきましたが、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の背景を話すと1時間半ぐらいは軽くかかってしまう。映画を見るだけでなく、熱心な質疑応答が繰り返される価値ある作品なんです」と四方田犬彦さん=「若松孝二と足立正生の独立電影革命」が開かれた香港で2018年6月3日、鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第6回は、著作に「若松孝二 反権力の肖像」(平沢剛氏との共編著、作品社)がある映画史家・比較文学者の四方田犬彦さんのインタビューをお届けする。国内はもとより米ニューヨーク、オスロ、香港など海外各地で、若松作品の解説、講演に幾度も呼ばれており、若松監督の国際的評価にも精通している。作品それぞれの時代背景を重ねた分析は出色だ。若松監督自身にも何度も会っており、素顔を交えた話も興味深い。四方田さんの話から、映画史における若松孝二の特異な位置づけがうかびあがってきた。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3504文字(全文3757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  4. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  5. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです