メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(6)映画史家 四方田犬彦さんインタビュー

「諸外国で若松作品を解説してきましたが、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の背景を話すと1時間半ぐらいは軽くかかってしまう。映画を見るだけでなく、熱心な質疑応答が繰り返される価値ある作品なんです」と四方田犬彦さん=「若松孝二と足立正生の独立電影革命」が開かれた香港で2018年6月3日、鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第6回は、著作に「若松孝二 反権力の肖像」(平沢剛氏との共編著、作品社)がある映画史家・比較文学者の四方田犬彦さんのインタビューをお届けする。国内はもとより米ニューヨーク、オスロ、香港など海外各地で、若松作品の解説、講演に幾度も呼ばれており、若松監督の国際的評価にも精通している。作品それぞれの時代背景を重ねた分析は出色だ。若松監督自身にも何度も会っており、素顔を交えた話も興味深い。四方田さんの話から、映画史における若松孝二の特異な位置づけがうかびあがってきた。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3504文字(全文3757文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです