メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(6)映画史家 四方田犬彦さんインタビュー

「諸外国で若松作品を解説してきましたが、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の背景を話すと1時間半ぐらいは軽くかかってしまう。映画を見るだけでなく、熱心な質疑応答が繰り返される価値ある作品なんです」と四方田犬彦さん=「若松孝二と足立正生の独立電影革命」が開かれた香港で2018年6月3日、鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第6回は、著作に「若松孝二 反権力の肖像」(平沢剛氏との共編著、作品社)がある映画史家・比較文学者の四方田犬彦さんのインタビューをお届けする。国内はもとより米ニューヨーク、オスロ、香港など海外各地で、若松作品の解説、講演に幾度も呼ばれており、若松監督の国際的評価にも精通している。作品それぞれの時代背景を重ねた分析は出色だ。若松監督自身にも何度も会っており、素顔を交えた話も興味深い。四方田さんの話から、映画史における若松孝二の特異な位置づけがうかびあがってきた。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3504文字(全文3757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです