メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・議員提案

片山かおる・東京都小金井市議

片山かおる氏

福島原発事故から8年目、私たちがやらなくてはならないこと

 私が議員になったきっかけは、子どもの権利条例の制定と教育基本法改悪反対の市民運動だったが、議員になって3年目に東京電力福島第1原発事故が起こり、脱原発運動から放射能対策、避難者支援などに関わることになった。

 過酷人災原発事故の収束にはほど遠いにも関わらず、人々の記憶から事故がすでに消えかけている。忘れてならないのは、福島第1原発ではいまだ「原子力緊急事態宣言」は解除されていないことだ。そして、年間積算線量20ミリシーベルトまでは被ばくしてもいい、とされる人権無視の帰還政策。福島県境で日本国憲法25条の生存権は止まっていると、福島の人たちは怒りを持って訴えている。

 自主避難者と言われる、区域外避難者(避難指示区域が解除され、強制避難区域も区域外に)への住宅提供が…

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1355文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです