メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

込山正秀・静岡県小山町長

込山正秀氏

「消滅可能」な自治体から脱却へ

 小山町は現在、静岡県が進める「“ふじのくに”のフロンティアを拓く取組」により、八つの推進区域の指定を受け、事業を展開しています。

 湯船原地区では、2020年度に開通を予定している新東名高速道路に設置予定の(仮称)小山PAスマートインターチェンジまで3キロという立地条件を生かし、静岡県企業局が31.4ヘクタールの「富士山麓フロンティアパーク小山」の造成工事を行いました。隣接する「新産業集積エリア」は、町が主体となり、約37ヘクタールの工業団地造成を行っています。町は県と連携して、首都圏からのアクセスの優位性や豊かな自然環境をアピールしながら、雇用の創出につながる工業団地の整備と企業誘致を進めています。

 高速道路のスマートインターチェンジは、東京オリンピック・パラリンピックの自転車ロードレース競技会場…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1294文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです