メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷見野良三氏

 霞が関では富山中部高と富山高、高岡高の県立高の出身者が多い。官房副長官を務めた元自治事務次官の二橋正弘氏(東大法64年自治省、高岡卒)や、財務事務次官を務めた細川興一氏(東大法70年大蔵省、富山卒)らの大物官僚を輩出している。

 財務省では、金融庁金融国際審議官の氷見野良三氏(東大法83年大蔵省、写真)が富山市出身で富山を出ている。「家から高校まで歩いて2分。始業ベルを聞いてからでも間に合った」と話す。

 経済産業省では、省の県人会長を務める内閣府審議官の間宮淑夫氏(早大政経87年通産省)が富山卒だ。富山市出身で「県出身官僚は多くないが結束が強い」と話す。同沖縄総合事務局長の能登靖氏(京大理88年通産省)は氷見市出身で県立氷見高を出た。同個人情報保護委員会事務局参事官の佐脇紀代志氏(東大法92年通産省)は高岡OBで砺波市の出身。同宇宙開発戦略推進事務局参事官の高倉秀和氏(東大院工92年通産省)は氷…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです