メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

北海道東川町 写真、家具、大雪山の文化を発信

「写真文化首都」を宣言した北海道東川町の庁舎=20187月14日

「株主制度」で“投資”募る 世界と結ぶ町立日本語学校 

 北海道の自然を代表する大雪山の麓の東川町は、写真映えのする「写真の町」として知られ2014年に「写真文化首都」を宣言。ブランド米「東川米」の水田が広がるとともに、家具メーカーの工場や工房が集積する。日本初の町立日本語学校が国際色を豊かにし、国内からは移住者が増え、「株主制度」による「特別町民」も町を応援する。人口約8300人の小さな町の取り組みは「東川スタイル」として自治体関係者ばかりでなく研究者らも注目している。

 東川町は大雪山国立公園の山岳地帯から流れる河川が扇状地を形成し、豊かな地下水が水田を潤して米作を中…

この記事は有料記事です。

残り2153文字(全文2440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです