メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

介護食品 「スマイルケア食」の認知度アップ

売り場に介護食品が多く並ぶが、スマイルケア食はまだわずか=東京都品川区のイトーヨーカドー大井町店で2018年7月12日

機能別の規格統一で輸出拡大図る 農水省 

 超高齢社会を迎え、農林水産省は新しい介護食品として設定した「スマイルケア食」の普及と海外展開の検討を進めている。介護食品の規格は各機関などでばらばらだったが、栄養補給、かむ、飲み込む--の3機能を青、黄、赤で色分けし、計8段階で表示するよう2年前に統一された。ただ、表示商品は少なく認知度も低い。同省は国内での浸透を図るとともに、公的に統一規格を先進的に設定した優位性を背景に、シンガポールなど国際市場での輸出拡大戦略の実施計画を今月中にも策定する。

 高齢や病気などで食べ物をかみ砕く(そしゃく)力や飲み込む(えん下)力といった食べる機能が弱くなった…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです