メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

介護食品 「スマイルケア食」の認知度アップ

売り場に介護食品が多く並ぶが、スマイルケア食はまだわずか=東京都品川区のイトーヨーカドー大井町店で2018年7月12日

機能別の規格統一で輸出拡大図る 農水省 

 超高齢社会を迎え、農林水産省は新しい介護食品として設定した「スマイルケア食」の普及と海外展開の検討を進めている。介護食品の規格は各機関などでばらばらだったが、栄養補給、かむ、飲み込む--の3機能を青、黄、赤で色分けし、計8段階で表示するよう2年前に統一された。ただ、表示商品は少なく認知度も低い。同省は国内での浸透を図るとともに、公的に統一規格を先進的に設定した優位性を背景に、シンガポールなど国際市場での輸出拡大戦略の実施計画を今月中にも策定する。

 高齢や病気などで食べ物をかみ砕く(そしゃく)力や飲み込む(えん下)力といった食べる機能が弱くなった…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです