メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

介護食品 「スマイルケア食」の認知度アップ

売り場に介護食品が多く並ぶが、スマイルケア食はまだわずか=東京都品川区のイトーヨーカドー大井町店で2018年7月12日

機能別の規格統一で輸出拡大図る 農水省 

 超高齢社会を迎え、農林水産省は新しい介護食品として設定した「スマイルケア食」の普及と海外展開の検討を進めている。介護食品の規格は各機関などでばらばらだったが、栄養補給、かむ、飲み込む--の3機能を青、黄、赤で色分けし、計8段階で表示するよう2年前に統一された。ただ、表示商品は少なく認知度も低い。同省は国内での浸透を図るとともに、公的に統一規格を先進的に設定した優位性を背景に、シンガポールなど国際市場での輸出拡大戦略の実施計画を今月中にも策定する。

 高齢や病気などで食べ物をかみ砕く(そしゃく)力や飲み込む(えん下)力といった食べる機能が弱くなった…

この記事は有料記事です。

残り2284文字(全文2580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです