メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

外国人労働者 新制度で25年に200万人超へ

景気が悪化すると外国人労働者にしわ寄せが。リーマンショック後の雇い止めに反対を訴える外国人労働者ら=大阪市中央区の御堂筋で2009年3月21日

「例外扱い」の限界 社会保障など改革が急がれる

 労働力不足に対処するため外国人労働者を受け入れる新たな制度が来春にもスタートするという。新制度による外国人就労者は2025年ごろまでに50万人を超えると想定し、現在約130万人の外国人労働者は200万人規模に膨らむことになる。社会制度の中で外国人労働者はこれまで例外扱いだった。しかし、増え続けるのなら、それに合わせて日本の社会の仕組みも組み替える必要がある。外国人労働者がいないことを前提にしてきた社会の仕組み、中でも賃金と社会保障分野の制度改革が待ったなしだ。

 政府が6月に閣議決定した経済財政運営の基本方針(骨太の方針18)に、新たな外国人労働者の受け入れ策…

この記事は有料記事です。

残り2217文字(全文2523文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです