メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

英国パラ委員会トークイベント

パラリンピックについて話し合う(左から)ティム・ホリングスワース、マセソン美季、河合純一の皆さん=東京千代田区の毎日新聞東京本社で2018年5月22日

レガシー(遺産)からモメンタム(推進力)へ

 英国パラリンピック委員会(BPA)のティム・ホリングスワースCEO(最高経営責任者)が今年5月に来日し、東京都千代田区の毎日新聞東京本社で講演した。パラリンピック発祥の英国は2012年のロンドン大会で入場券約280万枚を完売し、集客に成功。その経験をもとに、2年後に大会を控える日本に対し、ホリングスワースさんは「大会をレガシー(遺産)よりも将来へのモメンタム(推進力)とし、終点ではなく、社会を変える出発点に」とエールを送った。

 講演は、英国大使館と毎日新聞社の共催事業「スポーツ・イズ・グレート」として開催。パラリンピック6大…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1385文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです