メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

日本財団常務理事 海野光行

海野光行氏

海洋プロジェクト 海底地形の解明が導く人類の未来

 人類は文字よりも前に地図を使っていた。地図は離れた場所の位置や地形について瞬時に把握することを可能にする。都市を築くにしても、家や道路を作るにしても計画の基盤となってきた地図情報は、文明の発展に不可欠なものだった。技術の進歩に伴い、人類は地球の表面の地形だけでなく、月の表面、火星の表面までほぼ100%解明した。しかし、私たちの目の前に広がる海の下は、2016年の時点でまだ15%しか解明されていないと言われている。

 もし地上の地図が15%しか解明されていないとしたら、私たちの活動範囲は大幅に制限され、今の生活を送…

この記事は有料記事です。

残り2721文字(全文3004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです