メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

ため池防災 豪雨、大地震で決壊続出

ため池の決壊で土砂崩れが発生した現場=広島県福山市で2018年7月14日

全国20万カ所 維持・管理対策が急務

 農業用水を確保するために造られたため池が、耕作地の減少などで荒廃が進み、防災面での危険性がクローズアップされている。東日本大震災(2011年3月)と今年7月の西日本豪雨では決壊して、死者・行方不明者を出す大惨事も起きた。ため池は全国に約20万カ所存在し、特に西日本に多いのが特徴だ。台風などによる水害の激甚化で、管理状況がつかめていない中小のため池の危険性が増大しているという。行政の防災対策に加えて、ため池の維持・管理費を確保する民間の試みなども始まっている。

 ため池とは、農業用水を確保するために水をたくわえ、取水ができるよう人工的に造成された池で、水田農業…

この記事は有料記事です。

残り4599文字(全文4899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです