メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事院

国家公務員定年「65歳に」 給与、60歳の7割 意見提出

 人事院は10日、政府と国会に対し、国家公務員の定年を現行の60歳から段階的に65歳へ引き上げる国家公務員法改正を求める意見を提出した。民間企業の実情を考慮し、60歳を超える職員の年間給与は60歳以前の7割水準に設定するほか、60歳以上の管理職を降格させる役職定年制を導入するとしている。少子高齢化が進む中、経験豊かな高齢職員を活用し、質の高い行政サービスを維持する狙い。政府は来年の通常国会への改正案提出を目指す。

 政府は、2025年度までに公務員の年金受給開始を65歳まで引き上げることを踏まえ、60歳の定年退職…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文644文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです