メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

自民総裁選、展望を語る 「安倍氏圧勝」に死角は 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

鈴木哲夫氏=根岸基弘撮影

 9月の自民党総裁選で「3選確実」とも言われる安倍晋三首相だが、「死角」はないのか。現在、首相在任期間は通算6年7カ月。当選すれば、総裁としての任期は3年延長される。ジャーナリストの鈴木哲夫氏と、毎日新聞の与良正男専門編集委員が対談し、総裁選の行方を深掘りした。【司会・奥村隆】

石破氏は政治手法問え 与良/五輪後の国家像議論を 鈴木氏

 --安倍氏の圧勝を予測する報道もあります。波乱要因はありますか。

 与良 405票ある国会議員票では、安倍氏が半数を軽く超えるでしょう。注目点は石破茂氏が、同数ある地…

この記事は有料記事です。

残り3237文字(全文3487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです