メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

公文書名ぼかし解消へ 担当相「適正管理を徹底」

 省庁が保管する公文書ファイルに「会議関係書類」や「雑件」などと抽象的な名称が付けられ、外部から内容が分からない状態になっている問題で、公文書管理を担当する梶山弘志・行政改革担当相は10日の閣議後記者会見で、全省庁の担当者への研修を通じて解消を図る方針を明らかにした。梶山氏は「説明責任の観点から、より一層適正な公文書管理を徹底していく必要がある」と述べた。

 この問題では、名称などの情報を基にファイルの保存価値を判断する国立公文書館が、2017年度までの2…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文521文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 東大名誉教授 同性愛公表のキャンベルさん その動機は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです