メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

やんちゃなパリっ子に演奏指南「オーケストラ・クラス」 夢中になれば毎日は色づく

「オーケストラ・クラス」の一場面=(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE - PHILHARMONIE DE PARIS

 挫折した中年バイオリニストと、初めてクラシック音楽に触れたパリの子どもたちが美しいメロディーを織りなす「オーケストラ・クラス」(ラシド・ハミ監督)。実在の音楽教育プログラムをヒントに、音を奏でる喜びと生きることの素晴らしさを描いたヒューマンドラマだ。音楽家はどう見たのか。大阪フィルハーモニー交響楽団のバイオリン奏者、小林亜希子さんは「夢を持ち、やる気のスイッチが入った子どもは何でもできるんだと感動した」と語る。

 映画の舞台は、アフリカ系やアジア系など、さまざまなルーツを持つ移民の子どもが多く集まるパリ郊外の小…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文656文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. 行方不明 水と木陰が命守った 2歳児発見の山中 急勾配に崖、大人も危険 山口
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです