メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

やんちゃなパリっ子に演奏指南「オーケストラ・クラス」 夢中になれば毎日は色づく

「オーケストラ・クラス」の一場面=(C)2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE - PHILHARMONIE DE PARIS

 挫折した中年バイオリニストと、初めてクラシック音楽に触れたパリの子どもたちが美しいメロディーを織りなす「オーケストラ・クラス」(ラシド・ハミ監督)。実在の音楽教育プログラムをヒントに、音を奏でる喜びと生きることの素晴らしさを描いたヒューマンドラマだ。音楽家はどう見たのか。大阪フィルハーモニー交響楽団のバイオリン奏者、小林亜希子さんは「夢を持ち、やる気のスイッチが入った子どもは何でもできるんだと感動した」と語る。

 映画の舞台は、アフリカ系やアジア系など、さまざまなルーツを持つ移民の子どもが多く集まるパリ郊外の小…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです