メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

タリーと私の秘密の時間(2018年、米) 「理想の自分像」からの解放

 主人公マーロを見て、これがあのスレンダーなシャーリーズ・セロンだと瞬時に分かる人は少ないでしょう。育児に疲れ切った母親を演じるため18キロも増量したというから驚きです。その甲斐(かい)あってか、心身の疲労、苦しみが現実味を帯びて訴えかけ、いつの間にか共感してしまいます。でもそれは、完璧な母親像を求める彼女の姿に、誰しもが思い当たることがあるからかもしれません。

 「完璧な母親像」の「母親」を、父親、リーダーなどの言葉に入れ替えると分かりやすいでしょう。理想に縛…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文651文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 火災 木造民家から出火 焼け跡から6遺体 仙台
  2. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  3. 仙台住宅火災 「助けて」の叫び声 恐怖で震える近隣住民
  4. ことば 地面師
  5. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです