メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたも狙われている

STOP詐欺 先月急増29件、上半期平均の倍 「還付金」復活の兆し /群馬

 言葉巧みに現金をだまし取る特殊詐欺の被害が7月以降急増しており、県警は注意を呼びかけている。最近目立つのはキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出す手口。一時途絶えていた「還付金詐欺」も“復活”。被害防止には、まず、その手口を知ることが大切だ。

 県警によると、県内の特殊詐欺被害は今年1~6月は前年より減少し、月平均14・5件だったが、7月は29件、被害総額は約3534万円だった。うち約5割が前橋・高崎市内に集中していた。そこで前橋、前橋東、高崎の3警察署は7月、「県内オレオレ詐欺の約6割が前橋・高崎市内で発生」と書かれた“緊急速報”のチラシ計3万枚をスーパーや市役所など人が集まる場所で配った。

 県警生活安全企画課は「手口も含めて、まずは知ってもらわないと詐欺の被害は減らない。直接声をかけ呼び…

この記事は有料記事です。

残り1478文字(全文1830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです