メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮・拉致問題

「拉致から40年」手記 曽我さん、母への思いつづる /新潟

 曽我ひとみさん(59)=佐渡市=は9日、「拉致から40年」と題した手記を発表した。北朝鮮に拉致されてから12日で40年となるのを踏まえたもので、1978年に一緒に拉致されたまま再会を果たせていない母ミヨシさん(行方不明時46歳)への思いと焦りを切実につづった。【井口彩】

 「間もなく、思い出したくもない日が来ます」。曽我さんは計約1300字の手記を、こう書き出した。

 北朝鮮では横田めぐみさん(行方不明時13歳)や、後に夫となったチャールズ・ジェンキンスさんらの支え…

この記事は有料記事です。

残り1875文字(全文2109文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです