メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取城跡

擬宝珠橋復元、無事祈る 架梁式で市長ら50人 /鳥取

横桁がはめ込まれようとする擬宝珠橋=鳥取市東町2で、阿部絢美撮影

 国指定史跡・鳥取城跡(鳥取市東町2)の「大手登城路」復元整備計画に伴い、正面玄関となる擬宝珠(ぎぼし)橋の基本構造完成を祝う架梁(かりょう)式が9日、開かれた。深沢義彦市長や木橋施工者など約50人が出席し、無事故・無災害での橋の復元を祈った。

 擬宝珠橋は城主・池田光政によって1621年に創建され、1897年ごろまで存続したとされる。2016年12月に着工。かつてあったコンクリート橋の構造を参考に、ステンレス…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです