長崎原爆の日

核禁条約、政府に迫る 市長訴え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浦上天主堂から平和公園に向かうたいまつ行列で、信者らにかつがれる被爆マリア像=長崎市で2018年8月9日午後8時4分、森園道子撮影
浦上天主堂から平和公園に向かうたいまつ行列で、信者らにかつがれる被爆マリア像=長崎市で2018年8月9日午後8時4分、森園道子撮影

 原子爆弾が投下されて73年となる「原爆の日」を迎えた長崎では9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典があり、被爆者や遺族ら約6000人が投下時刻の午前11時2分に黙とうをささげた。田上富久市長は平和宣言で、核兵器禁止条約に賛同するよう日本政府に強く迫った。核兵器廃絶運動のリーダー的存在だった長崎の被爆者の言葉も引き、核兵器のない平和な世界の実現を誓った。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文832文字)

あわせて読みたい

注目の特集