メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
棚上げの問題群

点検・通常国会/6止 相次ぐ失言・失態 「ゆるみ」「おごり」露呈 若手、大物タガ外れ

7月5日夜に赤坂議員宿舎で開かれた飲み会「赤坂自民亭」の様子=西村康稔官房副長官のツイッターから

 通常国会の期間中、政府・自民党の失言・失態がハイペースで続いた。「ゆるみ」と「おごり」が噴出した。

 最初は松本文明元副内閣相(衆院当選4回)だ。野党が代表質問で米軍ヘリのトラブルをただした際にヤジを飛ばし、沖縄側の反発を懸念した安倍晋三首相と菅義偉官房長官がすぐに更迭を決めた。

 政務三役の不祥事に際し閣僚更迭も決断してきた首相官邸だが、政権の「骨格」の麻生太郎副総理兼財務相(衆院13回)の振る舞いにはお手上げだった。

 財務省の福田淳一前事務次官の女性記者へのセクハラ問題で、官邸は福田氏の早期更迭に傾いた。しかし麻生…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1147文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです