メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

各国それぞれ、バカンス事情 日本/英国/インドネシア/フィリピン/サウジアラビア/ドイツ/ブラジル

各国の休暇日数

 7~8月は世界の多くで「休暇シーズン」だが、その過ごし方にはお国柄やその時期の経済状況が色濃く反映する。日本は公休日の多さから、年間の休日数では「バケーション先進国」のイメージが強いフランス、ドイツなどにも並びつつあるが、有給休暇の消化率はまだ低いようだ。各国の休暇事情をまとめた。

 @日本

有休消化に罪悪感強く

 日本の社会人の夏休みは平均8~9日間程度で、旅行や帰省よりも自宅でゆっくり過ごす人が多い--というのが主流のようだ。

 明治安田生命が7月に全国の20~50代の男女約1100人を対象に実施したインターネット調査(複数回…

この記事は有料記事です。

残り3541文字(全文3806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです