特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-久保利明王将 第5局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

選択

 個人的に対振り飛車の指し回しが見事だなと思う棋士が何人かいて、稲葉はその一人。共通しているのは居飛車ながら駒運びに「さばく感覚」があること、もう一つは居飛車穴熊だけに頼らず、ほどほどの玉の堅さで戦えること。

 その特徴が本局の稲葉にも表れていた。対ゴキゲン中飛車の超速のように、スルスルと右銀を繰り出していく。自玉の囲いは欲張らず、左美濃にとどめた。

 久保の[後]7四歩は意欲的な手。玉のコビンだけにリスキーだが、自玉に進展性を求めた。稲葉は[先]3八飛と寄って、桂頭に照準を定める。そして[後]8三銀と金銀が分離した瞬間、3筋の仕掛けに踏み切った。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文822文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集