メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

坂口慶さん=路上で絵本の魅力を伝える

坂口慶さん=東京都江東区で2018年8月1日、坂根真理撮影

坂口慶(さかぐち・けい)さん(35)

 「読んでくれてありがとう」。その一言がうれしくて、相棒の絵本を革のトランクに入れ、日本中を駆け巡る。「聞かせ屋。けいたろう」と名乗り、集まった人の反応をみながら、何を読むか決めていく。客は1人の時も、大勢いる時もある。「絵本を読んでもらうと、大人も子供も関係なく笑顔が広がる」

 高校卒業後にミュージシャンを目指して、音楽スクールへ通った。しかし、自分の才能に限界を感じて挫折。保育者になろうと入った短大で、「絵本」の力に出合った。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです