メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

インフラ企業の災害対応 震災教訓に各社備え

ガス管の復旧にあたる大阪ガスの作業員ら=大阪府高槻市で6月21日、小出洋平撮影

 大阪北部地震や西日本を襲った豪雨など、各地で大規模な災害が相次いでいる。災害時は生活必需品のほか、電気やガス、ガソリンなどの供給網をいかに確保するかが重要な課題になる。ライフラインを担う企業は災害にどう備えているのかを探った。

 ●コンビニ

 東日本大震災では、コンビニ大手3社だけで約1290店舗が一時営業停止に追い込まれた。

 ローソンでは宮城、岩手、福島の3県にある店舗の約8割が一時営業を取りやめ、工場の被災で弁当やパンの…

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1612文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです