メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

愛媛・肱川氾濫 「人災」住民謝罪求める 野村ダム説明会

説明期での黙とう中、住民から謝罪を求める怒号が飛び、頭を下げる管家一夫・西予市長(中央)ら=愛媛県西予市野村町の野村中で2018年8月9日午後7時37分、中川祐一撮影

 西日本豪雨で愛媛県の肱川(ひじかわ)が野村ダム(同県西予市)の大規模放流後に氾濫した問題で、5人が犠牲になった西予市の野村町地区の中学校で9日夜、初めての住民説明会が開かれた。市やダムを管理する国土交通省四国地方整備局の担当者に対し、住民からは「天災でもあるが人災でもある」などと批判が噴出。謝罪や責任追及、再発防止を求める声が相次いだ。

 野村ダムでは7月7日午前6時20分、満水に近付いたため、緊急的に流入量とほぼ同量を放流するよう操作…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです