長崎原爆の日

73回目 残虐な核、語り継ぐ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原子爆弾が投下されて73年となる「原爆の日」を迎えた長崎では9日、長崎市の平和公園で平和祈念式典があり、被爆者や遺族ら約6000人が投下時刻の午前11時2分に黙とうをささげた。田上富久市長は平和宣言で、核兵器禁止条約に賛同するよう日本政府に強く迫った。核兵器廃絶運動のリーダー的存在だった長崎の被爆者の言葉も引き、核兵器のない平和な世界の実現を誓った。

 式典には、国連のグテレス事務総長が国連トップとして初めて参列。核保有国の米露英仏中を含めた71カ国の代表も出席した。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1016文字)

あわせて読みたい

注目の特集