メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民総裁選

石破氏、午後に出馬表明 一騎打ちの公算大

自民党の石破茂元幹事長

 自民党の石破茂元幹事長は10日午後、国会内で記者会見し、9月の党総裁選への立候補を正式に表明する。安倍晋三首相との一騎打ちとなる公算が大きい。石破氏は首相の政権運営を批判しており、「公正」「正直」をキーワードに首相との対立軸を示す考えだ。

     正式な立候補表明は石破氏が初めてで、首相に先手を打って存在感をアピールする狙いがある。森友・加計学園の問題による政治不信を受け、「党風刷新」や「官邸の信頼回復」の必要性を訴える見通しだ。石破氏は9日夜のBSフジ番組で「今政府がやっていることにうそはないか。特定の人に有利で、そうじゃない人に不利になってはいないか」と指摘した。

     党内では、7派閥のうち5派閥と竹下派の衆院議員の多くが首相を支持。石破氏は石破派と竹下派の参院議員の支持を受けるが、国会議員票で出遅れており、態度未定の議員や地方票の取り込みを図る。【高橋恵子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
    2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
    3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
    4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです