メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泡盛

飲まぬ若者、出荷量13年連続減 期限迫る酒税軽減

沖縄料理店のカウンターに並んだ泡盛のボトル北九州市門司区で2018年6月13日午後8時16分、比嘉洋撮影

 今春、沖縄県・宮古島の泡盛酒造所「千代泉酒造所」が廃業した。県酒造組合によると、泡盛酒造所の廃業は1988年以来30年ぶり。若者のアルコール離れや酒の好みの多様化で泡盛の出荷量は13年連続で減少しており、赤字経営の酒造所は3割を超える。来年5月には沖縄だけに適用されている酒税の軽減措置の期限も迫り、泡盛を取り巻く環境は厳しさを増している。

 「古里の泡盛がなくなるのは寂しいね」。6月のある夜、北九州市門司区の沖縄料理店「一花でいご」。宮古…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1162文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです