メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水族館

全国初 水中ドローンでショー 大分・うみたまご

水槽内のエイなどを撮影する水中ドローン(左)=大分市神崎の大分マリーンパレス水族館うみたまごで、尾形有菜撮影

 大分マリーンパレス水族館うみたまご(大分市)で全国の水族館で初めて、水中ドローンを使ったショーが始まった。水中ドローンで撮影した動画は、水槽上の大型テレビで放映されるほか、入場客が専用アプリをダウンロードすれば、水槽周辺ではスマートフォン(スマホ)で見ることもできる。営業グループの熊代徹リーダー(49)は「ガラス越しだけでなく、いろんな角度から魚が見られます」と太鼓判。水中の視点は、魚の新しい魅力を届けてくれそうだ。【尾形有菜】

 31日までの期間限定イベントで、1日2回、午前9時半と午後3時半に開催する。舞台は、うみたまご最大の大回遊水槽(水量1250トン)。豊後水道の魚を中心に、サメやエイなど90種1500匹が泳ぐ。魚が餌を食べる様子などをドローンで接近して撮影する。スマホに送ってもらった動画を撮影して静止画にすれば、お気に入りの水中写真をスマホに残すこともできる。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです