富山交番襲撃事件

地元自治会が移転要望書を提出

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
地元住民から建て替えの要望書が出された富山中央署奥田交番=鶴見泰寿撮影
地元住民から建て替えの要望書が出された富山中央署奥田交番=鶴見泰寿撮影

 警察官が刺殺されて拳銃を奪われ、その拳銃で小学校の警備員が射殺された富山市の交番襲撃事件で、地元自治会が9日、襲撃された富山中央署奥田交番(富山市久方町)の建て替えや移転を求める要望書を同署に提出した。【森野俊、鶴見泰寿】

 要望書では「警察官から銃を奪い、小学校に向けて発砲するという凶悪事件は社会に大きな衝撃を与え、今も住民に不安を残している」と訴えた。さらに交番が建設から58年経過しており県内で最も古いこ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集