メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文科省

医学部入試を緊急調査 東京医大問題受け

文部科学省=東京都千代田区霞が関

 東京医科大の不正入試問題を受けて、文部科学省は10日、全国に81校ある国公私立大の医学部医学科を対象に、入試が公正に行われているかどうかを確認する緊急調査を始めた。24日を回答期限とし、合格者の性別、年齢などに偏りがないかを調べる。

     文科省は医学部医学科の入試の合格者の男女数や年齢を把握していない。入試不正に関する全国的調査は初めて。過去6年をさかのぼって(1)合否判定に明確な基準があるか(2)受験生の氏名や性別を伏せて採点されているか--などを確認し、合格率の男女差が著しいなどの場合、その理由の説明を求める。

     文科省大学入試室の山田泰造室長は「年齢や性別をもって得点を操作していれば容認できない。大学側から合理的な説明がなければ、追加で事情を聴きたい」と話した。

     東京医科大は少なくとも過去2年の医学部医学科の入試で、女子や3浪以上の合格を抑制する得点操作を行っていたことが、内部調査委員会の調査で明らかになっている。【水戸健一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
    3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
    4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
    5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです