メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落33年

今も向き合う生と死 元遺族対応係

担当した遺族から届いた手紙を読む錦織さん。今も交流を続けているという=東京都内の錦織さんの自宅で2018年7月24日午後3時43分、西銘研志郎撮影

 520人が犠牲になった1985年の日航ジャンボ機墜落事故は12日で33年を迎える。当時、日航社員として遺族の世話係だった錦織葆(にしごり・ほう)さん(79)は、事故をきっかけに「人の生と死」について学び、ホスピスのボランティアをしてきた。定年退職し、喜寿を過ぎた今もホスピス病棟で命と向き合っている。

 33年前の8月、錦織さんは、事故で犠牲となった関西地方の30歳の男性の遺族対応のため、遺体安置所が置かれた群馬県藤岡市にいた。「どんな言葉をかけられてもよい」。そう覚悟を決めていたが、男性の母親と兄は落ち着いた様子で事実を淡々と受け入れているように見えた。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです