メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

居酒屋店長の過労死

福岡中央労基署が労災認定

 福岡市西区の大手居酒屋チェーン店で昨年6月、開店準備中に急死した男性店長(当時53歳)について、福岡中央労働基準監督署が労災認定したことが関係者への取材で判明した。遺族が過労死だとして昨年12月に労災申請していた。

 認定は今月7日付。遺族側代理人の松丸正弁護士(大阪弁護士会)によると、出退勤記録やアルバイト従業員らの証言から、労基署は男性が亡くなる前の3カ月間、過労死ラインとされる月80時間の時間外労働をしていたと認め、店長としての精神的負担も大きかったと判断…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館
  2. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず
  3. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  4. 新潟・山形地震 TSUNAMI聞き取れず 旅行中の米国人「パニックに」
  5. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです