メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

居酒屋店長の過労死

福岡中央労基署が労災認定

 福岡市西区の大手居酒屋チェーン店で昨年6月、開店準備中に急死した男性店長(当時53歳)について、福岡中央労働基準監督署が労災認定したことが関係者への取材で判明した。遺族が過労死だとして昨年12月に労災申請していた。

 認定は今月7日付。遺族側代理人の松丸正弁護士(大阪弁護士会)によると、出退勤記録やアルバイト従業員らの証言から、労基署は男性が亡くなる前の3カ月間、過労死ラインとされる月80時間の時間外労働をしていたと認め、店長としての精神的負担も大きかったと判断…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです