メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医大不正

「努力は何だったのか」元受験生ら抗議集会

 東京医科大の不正入試で女子受験生が差別的な扱いを受けたとして、元受験生や支援する市民らが9日、東京都内で抗議集会を開いた。過去に医科大を受験して不合格となり、現在は別の大学の医学科に通う20代女性が登壇。「点数を陰で操作するのは明らかな不正だ。努力は何だったのか」と声を上げ、誠実な対応を求めた。

 市民ら60人程度が参加した。中心メンバーで作家の北原みのりさん(47)は「まずは当事者の救済」と強調。近く医科大に対し、過去の受験生に対する本来の得点の開示…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです