メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

竜脚類恐竜

歯の化石、国内最古級 徳島の地層から発見

徳島県勝浦町で発見された大型草食恐竜の歯の化石=徳島県立博物館提供

 徳島県立博物館は9日、同県勝浦町にある白亜紀前期(約1億3000万~約1億年前)の地層から、大型草食恐竜「ティタノサウルス」の仲間の歯の化石が見つかったと発表した。首と尾が長い「竜脚類」の化石としては国内最古級という。

 歯は高さ3.8センチ、幅1.3センチで、竜脚類としては国内最大級。スプーンの先のような形で断面はD字形になっている。恐竜の全長は約14~15メートルと推…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです