特集

公文書・歴史の記録

毎日新聞デジタルの「公文書・歴史の記録」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

富士山測候所

日誌を廃棄 68年間つづった貴重な40冊

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
廃棄された「カンテラ日誌」=「カンテラ日記 富士山測候所の五〇年」(筑摩書房)から
廃棄された「カンテラ日誌」=「カンテラ日記 富士山測候所の五〇年」(筑摩書房)から

 気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった40冊以上の「カンテラ日誌」が所在不明になっていた問題で、同測候所を管轄した東京管区気象台は毎日新聞の取材に、昨年11月以降に「文書整理の一環」で廃棄していたことを明らかにした。気象観測のほか、眼下の空襲など太平洋戦争も記録した貴重な資料が失われた。閲覧したことがある気象専門家らは「職員が見たまま感じたままを率直に記した第一級の歴史資料だった。機械的に捨てるなんて」と批判している。

 同気象台総務課によると、日誌は昨年11月までは倉庫にあったが、他の行政文書と一緒に溶解処分したという。取材に対し同課担当者は「毎日の出来事や感想を個人的に書き留めたもの。職務ではなく、行政文書に当たらない。庁舎内のスペースは有限で、必要ないものを無尽蔵に保管できない」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1660文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集