メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

「人災」住民、謝罪求める 愛媛・肱川氾濫

 西日本豪雨で愛媛県の肱川(ひじかわ)が野村ダム(同県西予市)の大規模放流後に氾濫した問題で、5人が犠牲になった西予市の野村町地区の中学校で9日夜、初めての住民説明会が開かれた。市やダムを管理する国土交通省四国地方整備局の担当者に対し、住民からは「天災でもあるが人災でもある」などと批判が噴出。謝罪や責任追及、再発防止を求める声が相次いだ。

 野村ダムでは7月7日午前6時20分、満水に近付いたため、緊急的に流入量とほぼ同量を放流するよう操作。放流量は安全とされる基準の2倍近くに及び、地区中心部が浸水した。四国地方整備局はダムの操作や住民への周知のあり方などの検証を進めている。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです