メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東南アジア探訪記

伝統武術「プンチャック・シラット」でメダルを

アジア大会のプンチャック・シラットに日本代表として出場する麻生大輔選手=ジャカルタで2018年7月26日、武内彩撮影

 インドネシアやマレーシアなど東南アジアで盛んな伝統武術「プンチャック・シラット」が、8月18日にジャカルタで開幕するアジア大会で初めて正式種目に採用された。世界最強の格闘技ともいわれるシラットに唯一の日本代表として慶応大4年の麻生大輔選手(24)が出場する。競技を始めてわずか2年ほど。7月末、ジャカルタで1カ月間の単身武者修行に励む麻生選手に意気込みを聞いた。

 アジア大会でも競技場として使用されるジャカルタのプンチャック・シラット武道館。黒い道着に白い帯を締…

この記事は有料記事です。

残り1116文字(全文1348文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです