メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘルプマーク

理解深めて 普及へ県庁でセミナー /三重

 ユニバーサルデザインの街づくりを進める県は10日、県庁講堂でヘルプマークの普及やバリアフリーの推進を図るセミナーを開いた。県庁職員ら約150人が集まり、県が6月に導入したヘルプマークやヘルプカードについて理解を深めた。

 ユニバーサルデザインは、性差や障害、言語の違いなどを超えて利用できるよう工夫されたデザインを指す。ヘルプマークは人工関節などの内部障害や、一見しただけでは分からない疾病を抱える人が身につけることで、周囲に配慮や…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇
  5. 寝屋川中1殺害 被告、核心語らず 検察側「難しい裁判」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです