メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

益田市

血圧管理にIoT活用、データ分析し助言 10月から島根大などと連携 /島根

 益田市は10月から、島根大や健康機器大手のオムロンヘルスケア(京都府向日市)、市内の医療機関と連携し、多様な機器をインターネットで結ぶ「IoT」技術を活用した健康増進事業を始める。市民が家庭で測る血圧などのデータを分析し、個別の改善指導や家庭での血圧管理の普及を図ると共に、学術情報の発信や健康機器の開発にもつなげる。【竹内之浩】

 同社が貸与する血圧計で市民が毎朝夕に測ると、データが島根大が管理するサーバーに自動送信される仕組み…

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです