メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

AMDA、災害経験生かし活動 総社拠点に緊急医療支援 /岡山

岡山県総社市役所近くの活動拠点で、支援活動を打ち合わせる難波妙さん(左)らAMDAのスタッフ=中尾卓司撮影

 西日本豪雨災害で、国際医療NGO「AMDA」(岡山市北区)が、連携してきた総社市を拠点に健康相談やしんきゅう治療など緊急医療支援の活動を展開している。猛暑の中で活動するボランティア向け熱中症対策にも力を注ぐ。「国内外で長年築いてきた『顔の見える関係』が地元・岡山のために生かせた」と説明している。

 AMDAは豪雨災害が発生して間もない先月7日、看護師2人と調整員を総社市に派遣。大きな被害を受けた下原地区や昭和地区などで被災者の手当てに当たり、市の保健師らとも連携して避難所を巡回した。当初から市災害対策本部に加わり、他の機関とも支援情報を共有。総社市とは災害時応援協…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです