メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カボス

「暑さ対策を」 小ぶりでも高品質 旬入り宣言 /大分

 露地栽培されるカボスの果汁割合が重量比20%の基準を上回り、生産者や県でつくる振興協議会は10日、旬入りを宣言した。旬は9月末ごろまで。

 JAおおいたカボス部会の藤原輝幸部会長によると、今年は「表年(おもてどし)」に当たり、やや小ぶりながら表面の緑色が濃い高品質のカボスができている。例年より多い約…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  2. ORICON NEWS 元祖プレイボーイ・火野正平に見る、芸能人モテ男のスマートな“火消し術”
  3. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  4. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです