メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/18 災害頻発、試される底力

土砂が流れ込んだ家屋の撮影をするドローン=広島県呉市で2018年7月26日、小川祐希撮影

 西日本豪雨が襲った広島県呉市。あいおいニッセイ同和損害保険で建物の損害を調査する小松誉文(35)と上村拓二(42)は7月26日、被災した住宅を訪れた。急な斜面の中腹に建つ住宅の1階には土砂が流れ込み、住宅前の道も土砂で埋まっていて近づけない。そこで、昨年導入した小型無人機ドローンを使うことにした。小松がドローンを操縦し、上村がドローンに取り付けられたカメラであらゆる角度から撮影する。「2階の壁にもひびが入っているな」。調査は約30分で終了。すぐに「全損」と認定し、5日後には保険金が支払われた。

 損保会社は大災害が起こると、迅速な保険金支払いに向け、全国の社員を被災地へ投入して建物などの調査に…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1150文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです